オメガ3脂肪酸サプリの効果と含有量ランキング

オメガ3脂肪酸サプリ効果含有量ランキング

オメガ3系脂肪酸は花粉症対策に良い

 

 

オメガ3系脂肪酸は体の中で合成することができないですから、食事からオメガ3系脂肪酸を撮りkんでいかなくてはなりません。脂肪酸でも、不飽和脂肪酸・飽和脂肪酸がありますし、不飽和脂肪酸はさらに3つに細分化されています。この不飽和脂肪酸の一つとして、オメガ3系脂肪酸が分類されているのです。

 

人間の体の中にある細胞の周りを囲っている細胞膜というのは、このオメガ3系脂肪酸によって作り出されています。ですので、オメガ3系脂肪酸というのは、正常に細胞を働かせるために欠かせない成分になっているのです。

 

オメガ3系脂肪酸の働きはこれだけではありません。脂肪細胞が増えないようにする働きや、中性脂肪を減らす働き、血行を促進させる働きなどがあるということが分かってきているのです。そして、最近の研究で、オメガ3系脂肪酸には、花粉症などのようなアレルギー症状を緩和させる働きがあることも分かってきています。

 

花粉症もアレルギーの一つになっており、外部から入り込んだ異物に対して免疫細胞が過剰に反応をしてしまうことが原因になっています。オメガ3系脂肪酸の一つであるDHAというのは、アレルギー症状を促してしまっている酵素の妨げをするという働きがあります。このDHAの働きによって、免疫細胞を静めて、花粉症の症状が出にくくしていくことができるのです。

 

私たちの体は、元々オメガ3系脂肪酸を持っていますから、オメガ3系脂肪酸を摂取して副作用が出てしまうということはありません。元々持っている成分ではありますが、合成をすることは出来ないですので、足りなくなってしまったら、外部から補っていかなくてはならないのです。ですので、このオメガ3系脂肪酸が豊富に含まれている魚介類や良質な植物性油などを口にして摂取していく必要があるのです。

 

オメガ3脂肪酸に分類されている成分とは?

 

オメガ3脂肪酸というのは、脂肪という文字が含まれていますが脂肪とは違った効果を私たちに与えてくれます。このオメガ3脂肪酸には、いくつかの種類がありますし、その種類によって効果なども違っています。オメガ3脂肪酸として分類されているのは、ALA、EPA、DHAの3つが挙げられます。いずれの成分も最近注目されている成分ですよね。

 

まずEPAは中性脂肪を減らす効果が期待できるといわれており、DHAは体の中の悪玉コレステロールを減らす効果が期待できるとされています。EPAもDHAも青魚に多く含まれていますから、サバやカツオなどのような坂なたを食べるようにしたいところです。なお同じオメガ3脂肪酸であるALAは青魚にはほとんど存在していません。

 

このALAというのは、植物に含まれています。ALAを体の中で吸収することで、他のオメガ3脂肪酸とは違った効果が期待できるということが、最近の研究で分かりつつあります。このように体にとってオメガ3脂肪酸というのは、とてもいい効果をもたらしてくれる可能性が高い成分になっているのです。

 

アレルギーの症状に悩んでいるならオメガ3系脂肪酸を摂取しよう

 

昔と比べると、日本人でアレルギー症状に悩んでいる人が多くなっています。最近はアトピーや花粉症などのようなアレルギー症状になる人はあまりいなかったのですが、最近はアレルギー体質の人がとても多くなりました。その大きな原因として考えられているのが、食生活なのです。

 

最近は以前のように自炊をするという人も減ってきており、外食やコンビニなどで弁当を買って食べているという人も多くなりました。これによって食事のバランスが崩れてしまったり、大量の油を摂取してしまっているという人も多いのです。この油がアレルギーの症状を引き起こすきっかけになってしまうという話もあります。

 

油というのは、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸というのは、乳製品や動物性資質などに含まれている油になっており、不飽和脂肪酸というのは、植物油や魚介類などに含まれている油です。

 

そして、不飽和脂肪酸の場合は、オメガ9、オメガ6、オメガ3といわれるオメガ3脂肪酸 サプリがあるのですが、オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸のバランスが崩れてしまっていると、アレルギー症状が発生しやすくなってしまうといわれています。オメガ6系脂肪酸というのは、コーン油や紅油などに含まれており、普段調理をするときに使うことが多いです。

 

そして、オメガ3系脂肪酸というのは、青魚や亜麻仁油、エゴマ油などに含まれています。オメガ6系脂肪酸を摂取しすぎてしまうと、血液に粘り気ができるようになり、炎症反応が起きやすくなってしまいます。そして、オメガ3系脂肪酸は、反対に血液をサラサラにして、アレルギーの症状を改善してくれるようになるといわれているのです。

 

最近は、アレルギーの症状を引き起こしやすくしてしまうオメガ6系脂肪酸を大量に摂取してしまっているという人が多いです。オメガ6系脂肪酸も必須アミノ酸ですから、ある程度は摂取しておかなくてはならないのですが、大量に摂取してはいけません。ですので、動物性脂質を控えるようにして、反対にオメガ3系脂肪酸を摂取するようにしてください。